Home > 障害分野:多機能型事業所(就労継続支援B型)

第三者評価項目及び結果の構成:高齢・障害・保育

福祉サービス第三者評価の目的に合わせ、利用者本位の福祉の実現を目指し、評価結果等については、ホームページ「とうきょう福祉ナビゲーション」で公表されます。
(1)「利用者のサービス選択」及び「事業の透明性の確保」のための情報提供
 第三者の目から見た評価結果を幅広く利用者や事業者に情報提供することにより、サービスの内容を利用者に見えるものにする
(2)事業者の皆さんのサービスの質の向上に向けた取り組みの支援
 サービスの質の向上に向けた事業者の取組を促す
評価結果等については、ホームページ「とうきょう福祉ナビゲーション」で公表されます。http://www.fukunavi.or.jp

第三者評価項目及び結果の構成・公表例
障害分野:多機能型事業所(就労継続支援B型)
【第三者評価結果の構成】

1.事業者の理念・方針・期待する職員像
2.全体の評価講評
3.事業者が特に力を入れている取り組み
4.利用者調査結果
5.組織マネジメント分析結果
6.サービス分析結果
7.事業者のコメント

1.事業者の理念・方針・期待する職員像

理念・方針

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)

1) 個性に配慮した、利用者主体の考え方
2) 守秘義務の徹底
3) 公平性と透明性
4) 健全な事業運営
5) 幅広い作業を揃え、サービスの質の向上に努める

期待する職員像

職員に求めている人材像や役割

福祉に対する強い思いを持ち、利用者の思いにやさしく寄り添ってくれる人
広い視野で物事を把握し、何事にも向上心を持ち、積極的に仕事に取り組む姿勢を持つ人

職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感)

・利用者の将来を見据えた支援
・利用者が安心して過ごせる雰囲気作りと安全への配慮
・現状に満足することなく常に向上心を持って思考できる力

2.全体の評価講評

特によいと思う点

  • ・地域との繋がりを大切に、利用者が楽しめる活動を様々に実施している
  • ・福祉サービスに従事する者としての心構えについて繰り返し周知しており、あらゆる職層で高い権利擁護意識が醸成されている
  • ・作業の充実と工賃向上に繋げる取り組みを実施し、長期にわたり継続している

    さらなる改善が望まれる点

  • ・利用者の高齢化・重度化に伴う支援方法の検討へ向けて、取り組む必要性が出てきている
  • ・事業拡大に伴い多くの職員を採用したため職員個々の育成が十分になされなかったことを踏まえ、今後若い職員の質の向上に努めていきたい
  • ・リスクに関する各マニュアルが充実してきたので、この内容を職員全体に周知、浸透させてリスクへの意識を高めていきたい

3.事業者が特に力を入れている取り組み

  • ・利用者の高齢化・重度化に伴う支援方法の検討へ向けて、取り組む必要性が出てきている
  • ・新たな健康増進のための取り組みを、利用者とともにアイディアを出して実現させた
  • ・新商品開発を丁寧に行い、売り上げ増を達成し、コロナ禍であっても力強く前進している

4.利用者調査結果

調査概要

  • 調査対象:調査日現在、事業所と利用契約を結んでいる登録者46名のうち入院や自宅療養など長期休所中の利用者を除く38名を調査対象とした。年齢層は20歳代から70歳代で、50歳以上の割合が57%、平均年齢は49.7歳、男女比は5:3、平均利用期間は7年2か月である。
  • 調査方法:アンケート方式
  • 今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、アンケート方式で行った。調査当日は、2か所のフロアーに分かれて実施し、欠席者にはアンケート用紙を配布し、評価機関への直接郵送をお願いした。
  • ・利用者総数: 46人
  • ・共通評価項目による調査対象者数: 38人
  • ・共通評価項目による調査の有効回答者数: 24人
  • ・利用者総数に対する回答者割合(%): 52.2%
  • ・調査項目:共通評価項目

5.組織マネジメント分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
①リーダーシップと意思決定
リーダーシップと意思決定
②事業所を取り巻く環境の把握・活用及び計画の策定と実行
事業所を取り巻く環境の把握・活用及び計画の策定と実行
③経営における社会的責任
経営における社会的責任
④リスクマネジメント
リスクマネジメント
⑤職員と組織の能力向上
職員と組織の能力向上
⑦事業所の重要課題に対する組織的な活動
事業所の重要課題に対する組織的な活動

6.サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
①サービス情報の提供
サービス情報の提供
②サービスの開始・終了時の対応
サービスの開始・終了時の対応
③個別状況に応じた計画策定・記録
個別状況に応じた計画策定・記録
④サービスの実施
サービスの実施
⑤プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
⑥事業所業務の標準化
事業所業務の標準化

7.事業者のコメント

事業者コメントは、事業者によって、自ら更新される情報です。

 

第三者評価に関するご質問・ご相談は下記よりご連絡願います。
株式会社ミライ・シア 第三者評価機関